Core web vitalsに関するTips

ロケット

Core web vitalsが2021年からランキング要因に

Core web vitalsをGoogleがランキング要因に追加されることが発表されました。

ランキング要因に入るのは2021年以降とのことです。

現在自分が所有しているWordPressでは余裕で合格していましたがはてなブログではギリギリ合格していました。(してないページもあり)

今回の変更はプラットフォームに頼っているブログからすると致命的かもしれません。
画像などを圧縮するなりする方法もありますが軽量化などの対策をしてほしいですね。

自分ははてなブログが手軽で楽なので今後も使いますが...

2018年のSpeed Updateからコンテンツ以外にもサイト速度などのUXなどが重視されてきている傾向がある気がします。

WordPressのCore web vitalsの影響

WordPressのCore web vitalsの影響(変動します)

Core web vitalsとは?

About Core web vitals

出典:web.dev

Core web vitalsはLCP、FID、CLSとい3つの指標をまとめて「Core Web Vitals」といいます。

凄いざっくり言うとユーザーにとって心地良いサイトを造ろうという感じです。

LCP

読み込み パフォーマンスを測定します。優れたユーザー エクスペリエンスを実現するには、LCP はページの最初の読み込みが始まってから 2.5 秒以内である必要があります。

FID

インタラクティブ性を測定します。優れたユーザー エクスペリエンスを実現するには、ページの FID が 100 ミリ秒未満である必要があります。

CLS

視覚的な安定性を測定します。優れたユーザー エクスペリエンスを実現するには、ページの CLS が 0.1 未満である必要があります。

引用:

 Core web vitalsの状態を確認する方法

PageSpeed InsightsLighthouseSearch Consoleで確認することができます。

google.com PageSpeed Insights